熊本ホームページ制作会社VILLAGE-UP|販促物制作・補助金サポート 7月, 2023 | 熊本ホームページ制作会社VILLAGE-UP|販促物制作・補助金サポート

月: 2023年7月

AI(人工知能)の「2026年問題」

未来を見据える猫のAIロボット

概要

AI(人工知能)の「2026年問題」とは、2026年までにAIの訓練やテストに必要な高品質の言語データが枯渇する可能性があるという問題です。高品質の言語データとは、ウィキペディアやニュース記事、科学論文など、編集されたり校正されたりした文章のことを指します。AIはこれらの文章を使って、理解や生成、翻訳、要約、質問応答などのさまざまな言語タスクを学んだり行ったりします。

2026年問題の解決策

この問題は、カリフォルニア大学バークレー校のスチュアート・ラッセル教授が提唱したものです。ラッセル教授は、人工知能の権威であり、人間と共存できる安全なAIの開発を主張しています 。ラッセル教授は、2026年問題に対して、以下のような解決策を提案しています。

  • 低品質の言語データ(ソーシャルメディアやウェブサイトのコメントなど)を活用する方法を探る。
  • 合成データ(AIによって作られたテキスト)を利用する方法を探る。
  • 大規模言語モデル(LLM)の訓練に必要なテキストの量を減らす方法を探る。

LLMとは、膨大な量のテキストを学習してさまざまな言語タスクをこなすAIのことで、GPT-3やBERTなどが有名です 。LLMは、より高い性能や汎用性を目指して、訓練に使うテキストの量を増やしています。しかし、これには限界があります。インターネット上に存在する高品質の言語データは有限であり、早ければ2026年にも使い果たされると予測されています 。

まとめ

2026年問題は、AIの発展にとって重要な課題です。高品質の言語データが枯渇することで、AIの学習や応用が困難になる可能性があります。また、低品質や合成の言語データを使うことで、AIが誤った知識やバイアスを持つ可能性もあります。そのため、AI研究者や開発者は、この問題に対して責任ある対応をする必要があります。

Yahoo!Japanは検索エンジン技術が変更?

検索エンジンの未来

概要

日本経済新聞の報道によると、グーグル側とのサービス提供契約は2025年3月末に切れるため、Yahoo!Japanは検索エンジン技術をGoogleから他社へ切り替える可能性があるとされています。この移行の可能性を検討するために、Yahoo!は現在、バケットテストを実施しています。さらに、Yahoo!の大株主である韓国のネット大手、ネイバーが新たな検索エンジン技術の供給元として注目されています。この動きにより、Yahoo!Japanの検索エンジン市場における地位が変化する可能性が生じています。

現在はバスケットテストを行っている最中

Yahoo!Japanは、現在までGoogleを主要な検索エンジン技術の供給元として活用してきました。しかし、2023年7月1日の報道によれば、Yahoo!は新たな検索エンジン技術への移行を検討しているとのことです。 Yahoo!は現在、バケットテストを行っており、検索エンジン技術を提供する他社の性能や利便性を評価しています。このテストの結果次第では、Yahoo!はGoogleからの切り替えを決定する可能性があります。もしこの切り替えが実現すれば、Yahoo!Japanの検索エンジンは大幅な変革を遂げることになるでしょう。 バケットテストとは、複数の変数をテストするために、ユーザーを互いに独立した「バケット」またはグループに割り当てる方法です。この手法では、異なる変数やオプションを持つバージョンを作成し、それぞれのバケットに割り当てます。そして、それぞれのバケットでのユーザーの行動や反応を観察し、最も効果的な変数やオプションを特定することが目的です。 例えば、ウェブサイトのデザインの改善をテストする場合、複数の異なるデザインオプションを作成し、それぞれのバケットにランダムに割り当てます。その後、ユーザーのクリック率やコンバージョン率などのメトリクスを比較し、最も効果的なデザインオプションを特定します。

大手株主がネイバー

ネイバーはZホールディングスの筆頭株主の一つで。Zホールディングスは、LINEとYahoo! Japanを傘下に持つ企業です。大株主であるネイバーがYahoo!Japanの新たな検索エンジン技術の供給元となる可能性は高く、その場合、Yahoo!Japanはより独自性のある検索エンジンへと切り替わるでしょう。 この移行が実現すれば、Yahoo!Japanは検索エンジン市場において新たな地位を築くことが期待されます。一方で、Googleの技術に頼ってきたユーザーにとっては、新しい検索エンジンへの移行は違った検索体験をもたらす可能性があります。Yahoo!Japanは、独自の検索アルゴリズムや機能を開発し、ユーザーにとってよりパーソナライズされた検索結果を提供することができるでしょう。

アルゴリズムが変わると大変革が起きる可能性

しかしながら、Googleから他社への切り替えは容易な決断ではありません。Googleは長年にわたり、信頼性と高度な検索精度で知られており、広告主も多くがGoogleの広告プラットフォームを利用しています。そのため、Yahoo!Japanが別の検索エンジンに移行する場合、広告主や広告収入に依存している企業にとっては影響が出る可能性があります。元々2010年12月以前は、Yahoo!Japanは独自の検索エンジンを採用していたので、SEO担当者もYahoo!とGoogleのSEO対策を別々に行っていましたが、その時代が再来するのかと考えると、個人的には頭が痛くなります。 しかし、検索エンジン市場は競争が激しく、Google以外のプレーヤーが市場シェアを獲得することは容易ではありません。他の検索エンジンが提供する技術やサービスが、Googleのそれと比較してどれほど優れているのか、ユーザーにとってどれだけ魅力的な選択肢となるのかは、今後のテストと評価にかかっています。Google、Yahoo!Japan、bingの市場の取り合いが繰り広げられることでしょう。

まとめ

最終的な決定が下されるまで、Yahoo!Japanは慎重な戦略を取ることが重要です。ユーザーの利便性とニーズを最優先に考えながら、検索エンジン技術の切り替えに関するリスクと利益のバランスを考える必要があります。 Yahoo!JapanがGoogleから他社への検索エンジン技術の切り替えを果たすかどうかは、今後の動向次第です。この移行が実現すれば、日本の検索エンジン市場における競争が一層激化し、ユーザー及びSEO担当者にとってより多様な選択肢が生まれることでしょう。一方で、この移行には慎重な検討が必要であり、市場に与える影響や利益を十分に評価する必要があります。

ThreadsとTwitterの比較と今後の展望

snsの未来

概要

Threads(スレッズ)とは、Metaが開発したテキストベースの会話アプリで、Twitterに対抗するものです。2023年7月6日に正式にリリースされる予定です。Threadsでは、Instagramのアカウントでログインして、自分の興味や意見を共有したり、好きなクリエイターや公人と直接つながったりできます。ThreadsのインターフェースはTwitterに似ており、リポストやいいね、返信制限などの機能もあります。

Twitterと比較Threadsの利点

  •  Twitterでは、イーロンマスク氏が買収してからサイトの安定性やモデレーションが悪化し、多くのユーザーが不満を持っています。Threadsでは、Metaのブランド力やInstagramとの連携により、より信頼性や利便性が高まる可能性があります。
  • Twitterでは、ログインしないとツイートを閲覧できなくなったり、未認証アカウントは1日に閲覧できるツイート数が制限されたりするなど、アクセス制限が厳しくなっています。Threadsでは、そういった制限はなく、自由にコンテンツを楽しめると期待されます。
  •  Twitterでは、Tweetdeckというリストベースの製品が有料会員のみに限定されるなど、ビジネスやニュース関係者にとって不便な変更が行われています。Threadsでは、そういった層にも魅力的な機能やサービスを提供できるかもしれません。

Threadsの欠点や課題

  • ThreadsはMetaが開発したアプリであるため、プライバシーに関する問題が懸念されます。Metaは過去にもユーザーの個人情報を適切に扱っていないと批判されたことがあります。Threadsでは、ユーザーの健康や財務、ブラウジング履歴などのデータにアクセスする可能性があります。
  • Threadsは新しいアプリであるため、Twitterに比べてユーザー数やコンテンツ量が少ない可能性があります。Twitterは約2億5千万人のユーザーを持ち、多様なトピックやジャンルで盛んに議論や情報交換が行われています。Threadsでは、そこまでの規模や活発さを維持できるかどうかは未知数です。
  • ThreadsはTwitterと似ている部分が多いため、独自性や差別化が不足していると感じるユーザーもいるかもしれません。Twitterは長年にわたってソーシャルメディアの分野で独自の文化やコミュニティを築いてきました。Threadsでは、Twitterと同じような体験を提供するだけでなく、新しい価値や魅力を創造できるかどうかが重要になります。
以上が、ThreadsとTwitterの比較と今後の展望についてです。参考になれば幸いです。

キーワードの出現頻度をページ上で逆三角形に配置

キーワードを配置する女性

イントロダクション

キーワードの出現頻度をページ上で逆三角形に配置することで、検索エンジンに対して強いシグナルを送ることができます。この方法は、タイトルタグや見出しタグなどの重要な位置にキーワードを配置することにより、キーワードの目立ち度(keyword prominence)と呼ばれるSEOの要素を向上させることができます。

キーワードの詰め込みすぎに注意

ただし、キーワードの出現頻度が高すぎると、キーワードの詰め込み(keyword stuffing)と見なされる可能性があります。キーワードの詰め込みは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反する行為であり、ペナルティの対象になることがあります。一般的には、キーワードの出現頻度は100語あたり1~2回程度にすると良いとされています。この指標はキーワード密度(keyword density)と呼ばれ、1~2%程度が適切と考えられています。 ただし、これらの数字はあくまで目安であり、Googleの検索ランキングアルゴリズムにおいて決定的な要素ではありません。検索エンジンは、キーワードの頻度だけでなく、コンテンツの質やユーザビリティなど、さまざまな要素を考慮してランキングを決定します。したがって、最も重要なのは、ユーザーのために書くことです。キーワードを自然に使い、読みやすくわかりやすい文章を作成することが重要です。 SEOの観点からは、以下の点にも注意することが重要です。まず、タイトルタグには適切なキーワードを含めることが重要ですが、タイトル自体も魅力的で説明的なものにする必要があります。また、見出しタグや強調タグなどを使ってキーワードを強調することも効果的ですが、これらのタグはコンテンツの意味的な構造を反映するように使用することが望ましいです。 最終的には、SEO対策を意識しながらも、ユーザーの利便性と品質を重視したコンテンツを提供することが重要です。ユーザーが有益な情報を得られるようなコンテンツを作成し、キーワードの適切な使用を心がけ、ユーザーの検索意図に応えることが重要です。以下に、より具体的なアプローチとベストプラクティスを紹介します。

キーワード配置の具体的なアプローチ

  1. 自然な文章作り:

    コンテンツを作成する際には、キーワードを自然な形で組み込むことが重要です。無理にキーワードを詰め込んだり、意味を損なうような文章にならないように気をつけましょう。読み手にとってわかりやすく、流暢な文章を作ることが求められます。
  2. 多様なキーワードの使用:

    同じキーワードを繰り返し使うのではなく、関連するキーワードや類義語、長尾キーワードなどをバリエーション豊かに使用しましょう。これにより、検索エンジンはより正確なトピックや意図を理解しやすくなります。
  3. 見出しタグの最適な活用:

    見出しタグ(H1、H2、H3など)はコンテンツの構造を示すために使われますが、同時にキーワードの重要性を強調するのにも役立ちます。適切な見出しタグを使用してキーワードを配置し、コンテンツのハイライトポイントとして目立たせることができます。
  4. メタデータの最適化:

    ページのメタデータ(タイトルタグ、メタデスクリプション)は検索結果ページで表示される情報として重要です。タイトルタグには主要なキーワードを含めるだけでなく、ユーザーの注意を引きつける魅力的なタイトルにすることが大切です。また、メタデスクリプションはユーザーにコンテンツの概要を提供するため、魅力的で関連性の高い文言を記述しましょう。
  5. 内部リンクの活用:

    コンテンツ内の適切な箇所に他の関連記事やページへの内部リンクを設置することで、キーワードの関連性と信頼性を強化することができます。これにより、ユーザーは関連情報を容易にアクセスできるだけでなく、検索エンジンもコンテンツの結びつきを理解しやすくなります。

まとめ

これらのアプローチを組み合わせることで、ユーザー体験の向上とSEO効果の最大化を図ることができます。最終的には、ユーザーのニーズと検索エンジンの要件を両立させることが重要です。キーワードの適切な使用やSEOテクニックは重要ですが、それらはユーザーの利便性と満足度を向上させるための手段に過ぎません。常にユーザーの視点に立ち、価値のあるコンテンツを提供することが最重要です。 ユーザーが求める情報や解決策を的確に提供し、ユーザビリティを高めることで、サイトの評価やランキングは自然に向上します。ユーザーが満足し、情報を得られることで、サイトへのアクセスや共有が増え、結果的に検索エンジンからの信頼と評価を得ることができます。 また、定期的なコンテンツの更新や改善も重要です。ユーザーのニーズや検索エンジンのアルゴリズムの変化に合わせて、コンテンツを最新かつ質の高いものに保つ努力を惜しまないようにしましょう。 最後に、SEOは単発の取り組みではなく、継続的なプロセスであり、コンテンツ作成と改善の一環として取り組むべきです。検索エンジンのガイドラインを遵守しながら、ユーザー体験とコンテンツの品質に重点を置くことで、長期的な成功を収めることができます。  

ホームページ制作VILLAGE-UPへお問合せ

お問い合わせ

contact

 

お見積のご依頼やご相談は、お問い合わせにて随時受付しております。
  「ホームページについて相談したい」「ホームページを作りたいけど分からない」「補助金活用して販促したい」など、ホームページに関するご相談ならお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページに関することを問い合わせする
※見積無料、熊本県内は初回訪問無料です。
平日10:00~17:00(土日祝休み)
 住所:熊本県熊本市南区城南町舞原279-11

トップへ戻る