熊本ホームページ制作会社VILLAGE-UP|販促物制作・補助金サポート iosセキュリティ対応16.4.1(a)の和訳 | 熊本ホームページ制作会社VILLAGE-UP|販促物制作・補助金サポート
ホーム » ブログ » iosセキュリティ対応16.4.1(a)の和訳

iosセキュリティ対応16.4.1(a)の和訳

以下は和訳です。ご興味のある方はご確認下さい。

引用コンテンツ

引用元:iosセキュリティ対応16.4.1(a)

iOS、iPadOS、macOS の迅速なセキュリティ対応について
ラピッド セキュリティ レスポンスは、ソフトウェア更新の間に重要なセキュリティの改善を提供します。

Rapid Security Responses は、iPhone、iPad、および Mac 向けの新しいタイプのソフトウェア リリースです。 これらは、ソフトウェア更新の間に重要なセキュリティの改善を提供します。たとえば、Safari Web ブラウザー、WebKit フレームワーク スタック、またはその他の重要なシステム ライブラリの改善です。 また、悪用された可能性がある問題や、「実際に」存在することが報告されている問題など、一部のセキュリティ問題をより迅速に軽減するために使用される場合もあります。
新しい Rapid Security Response は、iOS、iPadOS、および macOS の最新バージョン (iOS 16.4.1、iPadOS 16.4.1、および macOS 13.3.1 以降) に対してのみ配信されます。
デフォルトでは、デバイスは Rapid Security Responses の自動適用を許可しており、必要に応じてデバイスの再起動を求めるメッセージが表示されます。 デバイスの設定を確認するには:
iPhone または iPad: [設定] > [一般] > [ソフトウェア アップデート] > [自動アップデート] に移動し、[セキュリティ レスポンスとシステム ファイル] がオンになっていることを確認します。
Mac: Apple メニュー  > [システム設定] を選択します。 サイドバーの [一般] をクリックし、右側の [ソフトウェア アップデート] をクリックします。 [自動更新] の横にある [詳細を表示] ボタンをクリックし、[セキュリティ レスポンスとシステム ファイルをインストールする] がオンになっていることを確認します。
Rapid Security Response が適用されると、次の例のように、ソフトウェア バージョン番号の後に文字が表示されます: macOS 13.3.1 (a)。
この設定をオフにするか、Rapid Security Responses が利用可能になったときに適用しないことを選択した場合、デバイスは、その後のソフトウェア アップデートに含まれる関連する修正または軽減策を受け取ります。

ホームページ制作VILLAGE-UPへお問合せ

お問い合わせ

contact

 

お見積のご依頼やご相談は、お問い合わせにて随時受付しております。
  「ホームページについて相談したい」「ホームページを作りたいけど分からない」「補助金活用して販促したい」など、ホームページに関するご相談ならお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページに関することを問い合わせする
※見積無料、熊本県内は初回訪問無料です。
平日10:00~17:00(土日祝休み)
 住所:熊本県熊本市南区城南町舞原279-11

トップへ戻る