熊本ホームページ制作会社VILLAGE-UP|販促物制作・補助金サポート SEOの話で良く聞く「YMYL」「E-A-T」とは? | 熊本ホームページ制作会社VILLAGE-UP|販促物制作・補助金サポート
ホーム » SEO » SEOの話で良く聞く「YMYL」「E-A-T」とは?

SEOの話で良く聞く「YMYL」「E-A-T」とは?

ymyl

「YMYL」とは、「Your Money or Your Life」の略語で、ユーザーのお金や生活に関わる情報を含むウェブページを指します。これには、医療、金融、法律、ショッピングなどが含まれます。Googleは、このようなYMYLのウェブページに対して、高い品質の要求を課しており、信頼性の高い情報を提供することが求められます。

SEOの観点から見ると、YMYLウェブページにおいても、検索エンジンのランキングで上位表示されることが重要ですが、競争率が特に高いのが現状です。競争率が高いということは、よりユーザーが求める情報を提供し、信頼性の高い情報を発信することが求められます。これには、正確な情報、専門的な知識、情報の更新などが含まれます。また、YMYLページには、サイトのセキュリティやプライバシーについても配慮する必要があります。

さらに、GoogleはYMYLページに対する「E-A-T」(専門性、権威性、信頼性)を重視しており、SEOの戦略においても、E-A-Tを向上させることが求められます。例えば、YMYLページに対する専門的なアドバイスを提供する場合、資格や経験を証明することで、E-A-Tを高めることができます。

    • Expertise(専門性)
    • Authoritativeness(権威性)
    • Trustworthiness(信頼性)

したがって、YMYLページを持つウェブサイトの場合、SEOの戦略は、ページの品質を高め、E-A-Tを向上させることに焦点を当てる必要があります。具体的には、Googleは、コンテンツの作成者やサイトの運営者が、その分野での専門的な知識や経験を持ち、その分野での権威があるかどうかを評価し、コンテンツの信頼性を判断しています。そのため、E-A-Tを考慮しないSEO戦略は、ランキングを向上させることができない場合があります。

E-A-Tを向上させるためには、以下のような方法があります。

1.専門的な知識や経験を持つ作成者を採用する。

2.適切なソースからの情報を引用する。

3.ウェブサイトのプライバシーポリシーやセキュリティについての情報を提供する。

4.トランスペアレンシー(情報の透明性)を保ち、明確で正確な情報を提供する。

5.サイトの運営者やコンテンツの作成者について、明確な情報を提供する。

6.ユーザーからのフィードバックに対して適切に対応する。

これらの方法を使用することで、ウェブサイトやコンテンツの品質を向上させ、検索エンジンランキングを向上させることができます。ただし、E-A-Tは単なるSEOのテクニックではなく、ユーザーが品質の高いコンテンツを提供を求めていることを忘れてはいけません。ウェブサイトの運営者やコンテンツの作成者は、常に品質の高いコンテンツを提供し、E-A-Tを向上させることを目指す必要があります。

E-A-Tは、SEOの世界でますます重要性が高まっており、ウェブサイトのランキングを向上させるためには、E-A-Tを向上させる戦略を取り入れることが必要です。

カテゴリー:SEO

ホームページ制作VILLAGE-UPへお問合せ

お問い合わせ

contact

 

お見積のご依頼やご相談は、お問い合わせにて随時受付しております。
  「ホームページについて相談したい」「ホームページを作りたいけど分からない」「補助金活用して販促したい」など、ホームページに関するご相談ならお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページに関することを問い合わせする
※見積無料、熊本県内は初回訪問無料です。
平日10:00~17:00(土日祝休み)
 住所:熊本県熊本市南区城南町舞原279-11

トップへ戻る